Anacondaとは

Pythonライブラリのディストリビューションのひとつであり、仮想環境の管理やPythonのパッケージ管理がコマンド一つで簡単に行えて非常に便利なツールである。特定のバージョンのPythonでしか動作しないようなライブラリも存在するため、何かしらの仮想環境管理ツールを導入しておくことは必須であろう。今回はAnacondaと必要最低限のみが同梱されているMinicondaのインストールを紹介する。AnacondaはPythonに加えてRや統合開発環境まで含まれており、環境設定に時間をかけたく無い初学者には、こちらが推奨である。一方で、多くのライブラリが含まれているため重く、ブラックボックス化する可能性が高い。そのため、Minicondaで十分な場合も多いので、必要に応じて使い分けをするのがよいだろう。

Miniconda(とAnaconda)のインストール

ここではMinicondaを想定しLinux環境の場合を想定して進めるが、MacやWindowsユーザも同様にインストールできる。またAnacondaも同様の手順でインストールが出来る。

手順
1. 次のURLにアクセスし、それぞれの環境にあったインストーラーをダウンロードする。(Anaconda: https://www.anaconda.com/distribution/, Miniconda: https://conda.io/en/latest/miniconda.html
2. インストーラーに実行権限を与え、以下のように実行する(以下の例はMinicondaである)。作業ディレクトリはどこでも問題ない。

chmod u+x Miniconda3-latest-Linux-x86_64.sh
./Miniconda3-latest-Linux-x86_64.sh


参考文献
https://conda.io/projects/conda/en/latest/user-guide/install/index.html
https://docs.anaconda.com/anaconda/install/